生き方

おしゃれで機能的な浄水器マイボトルがかなり優秀でおすすめ!

社会人や学生にとって欠かせられないマイボトル

気温もあがり暑くなってくる季節は余計に、今まで以上に水分が必要になりますよね。

私は週に2〜3回職場に2ℓの水を買って持って行き、職場の冷蔵庫で水は保管していたのですが…
手間だしお金かかるし…
せっかくのマイボトルの意味なし。

そこで「水道水が飲めたらいいな〜」とぼんやり考えていたら
浄水器つきボトルというものに出会いました。

悩んでいた私は即購入!
そしてこの購入品がめちゃくちゃ使えて優秀なので、ぜひマイボトル難民の方におすすめしたいと思い、この記事を書かせていただきました。

おしゃれで機能的な浄水器マイボトルを今回紹介させていただきます。

・水を買って飲んでいる
・外出時(仕事中)も水を飲むことが多い
・運動時に水を飲む
・マイボトルの水だと足りなくなることがある

という方は必見です!

浄水器ボトルってなに?

そもそも浄水器ボトルが何かというと、水道の蛇口に取り付けて水道水をろ過して綺麗な水にするのが浄水器ですよね。

その浄水器を携帯できるというのがこの浄水器ボトルなんです。

詳しく説明すると、浄水器ボトルにはフィルターがついているのでそのフィルターを通して飲むことで水道水の不純物が取り除かれるということ。

ですので、浄水器をとりつけてない水道からでも気軽に水を補充することができます。

蛇口につけるタイプの浄水器は手軽ではありますが、空気に触れているためあまり衛生的ではありません。
更に携帯用となると、水道水は時間が経ってしまうと飲めませんよね。

でもこの浄水器ボトルであれば、入れてその場でろ過してくれるので、いつでも新鮮なお水を飲むことができます。

<スポンサーリンク>



浄水器ボトル「bobble(ボブル)」のメリット

私は、bobble(ボブル)の浄水器ボトルを購入しました。

とにかく水が美味しい

まず第一に水が美味しいこと。

浄水器として一番大切な点ですよね。

「bobble 」には軽い陽性電荷をもつカーボンフィルターが内蔵されており
化学物質や不純物を水から取り除くことが出来ます。
水が陽性電荷をもつ炭素の表面を流れる際に
汚染物質のマイナスイオンが炭素の表面に吸い込まれます。
カーボン製のフィルターはほとんど手入れも必要なく、
化物吸収材として非常に高い能力を持っています。
さらに、「bobble 」のカーボン製フィルターは
通常の都市水道水から有機汚染物質を排除し、
飲用水の塩素、味質、臭気の削減における国際基準をパスしています。

bobble ®︎INFUSE より

公式にはこのような記載がありますが、残留塩素除去率も役96.8%だそう。
味だけでなく、体にも安心して飲むことができますよね。

普通に水道水を飲んだ時って「鉄臭い」ような味がすると思うのですが、このbobble(ボブル)のボトルで飲んでからは鉄臭いとか不味いというのがなくなりました。

全然普通に水道水が飲めるんです。

これは本当にすごい。
だから、出先で水がなくなっても安心して継ぎ足すことができるのです!

日本国内の水に対応して作られているため、
海外では安全に使える保証はありません!

おしゃれなデザインで映える

プラダやジョルジオ・アルマーニなどもてがけるデザイナー、「カリム・ラシッド」という方がbobble(ボブル)のボトルをデザインされています。

そのため、見た目がめちゃくちゃスタイリッシュでお洒落なんです!

ありそうでない、このデザインが私はかなり気に入って購入しました。

更にはカラバリ豊富なので自分に合った好きな色を選べるのも特徴的。

私はピンクが好きなのでsuperplumという紫色のものを購入。
私の持ち物にもいい感じにマッチしています^^

マイボトルで周りの方との差別化もはかれそうですね!

マイボトルは環境に優しい

これまでお水をしていたので、飲み切るたびにでるペットボトルのゴミがかなり気になっていました。
ペットボトルのゴミってかなりかさばるんですよね…

そもそも、ペットボトル容器ってかなりの環境汚染になるってご存知でしたか?

▶︎ペットボトルがもたらす環境問題とは?

いくらリサイクル化が進んでいるとは言っても、それよりも多くのゴミが出てしまっては、元も子もありません。

それにはペットボトルを減らす努力が必要ではないかと思うのです。

このbobble(ボブル)浄水器ボトルだとフィルターさえ交換できれば繰り返し使うことができます。

ちなみにこのフィルターもリサイクル可能なんだそう!
ゴミとして捨てても罪悪感がありません。

デトックスウォーターも作れる!?

私はまだ作ってないのですが、デトックスウォーターも作ることができるそう。

デトックスウォーターというと「ミネラルウォーター」を使うのが基本ですが、ボブルは飲む前に浄水されるのでミネラルウォーターと変わりません!

なのでこれでデトックスウォーターも作れちゃうんです。

先ほども紹介したように、デザインもスタイリッシュでおこれにカラフルな野菜やフルーツを入れたら間違いないでしょう^^

<スポンサーリンク>



bobble(ボブル)購入後の準備

購入したら飲む前に準備がありますので順を追って説明していきます。

私はAmazonで購入。
(※2020年5月現在、Amazonでは完売しています。)

Amazonで購入後、ダンボールを開封するとこんな感じです。

中には日本語の説明の紙が入っています。

ボトルの中にフィルターが入っているので、早速フィルターを開封します。
フィルターはこんな感じで真っ黒!

片側だけ端の方が丸く穴が空いています。

ボトルはこんな感じでフィルターをいれるところがくっついていて、回せばあけることができます。

あけたら先程開封したフィルターをいれます。

そしてボトルに水を入れ、最初は飲まずにフィルターを通した水を流しましょう。

これで終了!あとは美味しいお水を飲むだけです。

このフィルターで約2ヶ月に1度で変えればいいそうなので、頻繁に変える必要はありませんが、時々水洗いしてください。

<スポンサーリンク>



bobble(ボブル)とBLITA(ブリタ) を比較

浄水器と言えば、「BLITA(ブリタ)」的なところがありますが、今回私は「bobble(ボブル)」というメーカーのこちらの浄水器ボトルを購入しました。

なぜこちらにしたかと言うと…口コミの評価が高かったという単純な理由です。

購入にあたってレビューを何件か読み漁ったのですが…

「BLITA(ブリタ)」の方は飲みにくい(思いっきり吸わないといけない)というレビューが非常に多く、仕事中に「思いっきり吸わないと飲めないのは…」と思ったので、
「bobble(ボブル)」の方が価格は高かったのですが、私はbobble(ボブル)を購入しました。

以上、優秀でかなりおすすめなおしゃれで機能的な浄水器マイボトル「bobble(ボブル)」を紹介させていただきました。

Amazonの高評価を信じて購入して大正解!
ミネラルウォーターに消費しているあなた、今日からbobble(ボブル)でおしゃれでエコなマイボトルで周りと差別化しちゃいましょう^^

最後まで読んでいただきありがといいございました!