人間関係

親友がいないのは寂しいこと?孤独感を感じているあなたがすべきこと

突然ですが、私には親友という親友がいません。

数少ない友人はいますが、そんな友人にも私とは別に親友がいたり。

しょっちゅう連絡を取り合うような親友がいる友人が、正直とても羨ましくも感じました。

でも果たして親友がいることがいいことなのでしょうか?

こんな自分のままではいけないのでしょうか?

きっとあなたも私と同じように、親友がいないという悩みでこの記事にたどり着いたはずです。

今回この記事では親友がいないのは本当に寂しいことなのか、孤独感を感じているあなたはどうすべきなのかをお話していきます。

親友がいないと悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。

友達の断捨離方法は?不要な人間関係はストレスがたまる!突然ですが、 私は長年の付き合いのあった友達を断捨離しました。 学生時代はとても仲の良かった友達でも、社会人になって友達付き合...

親友がいない理由

あなたの親友がいない理由はなんですか?

あなたの過去を振り返ってみてください。

長続きする友達が少ない

私は、そもそも小さい頃に友達を作るのが苦手でした。

小さい頃はとても大人しくて内弁慶、自分から積極的に動くタイプでもなければ、おしゃべりが好きなタイプでもありませんでした。

だから小学生の頃に仲良くしていた友達は心を開いて仲良くしていた友達ではなかったので、中学生になると友達ではなくただの知人となったのです。

それは中学から高校になるまでも同じ。
結局のところ、その場しのぎの人間関係を築いてきていたので、長続きする友達が少ないのが大きな原因だったと言えるでしょう。

人に気を使うタイプ

そして二つ目、私自身めちゃくちゃ人に気を使うタイプなんです。

人の顔色が気になって仕方なく、他人の不機嫌というのが苦手。

そうなると他人に気を使ってばかりなので、心を開くことができませんでしたし、友人と距離が近くなり関係が深くなることがこわいと思っていました。

なので、心の悩みを打ち明けて親身になって話ができる親友というのがいないのは、これはかなり大きな原因でしょう。

一人が好き

そしてもう一つはもともと他人に気を使うタイプだったので、一人の時間が大好きでした。

学校の休み時間にあえて一人でいることもありましたし、それが嫌だと感じたこともありませんでした。

他人と関わり合うのがそもそも苦手だということでしょう。

<スポンサーリンク>



親友がいないことは寂しいこと?

あなたは親友がいなくて寂しいと感じていますか?

友達に対する嫉妬心

親友がいなくて寂しいと感じた時、仲のいい友人から親友という言葉を聞いたということはないでしょうか?

あなたにとって、きっとその友達は親友ではなくとも大切な友達。
なのに、そんな友達の口から”親友”というワードを聞いたら

自分はやっぱり親友ではないんだ…

なんて悲しくなったことでしょう。

それはきっと、あなたにとってその友達のことが好きで大切だからこそ感じたのでしょう。

育児中の不安

そしてもう一つ子育てしていてずっと子供と家にいる生活、そして専業主婦で家にこもり、大人で旦那さんしか話す人がいないと不安になるということも多いでしょう。

子育て中って悩みが尽きないからこそ、誰かに話して共感してもらいたい!と思うもの。

しかし、それを気軽にできる友人がいないと気付いた時にあなたは

私には特別になんでも話せる親友はいないんだ…

と不安になり孤独感を感じることでしょう。

また、育児をしていると「自分が親として子供のお手本にならなければいけない!」と妙な気がはってしまい、自分に親友がいないということがもしかしたら子供にも悪影響なのかも…なんて不安に感じることもあるはず。

育児中というのはあまり外に関わりが持てないからこそ、”友達”の存在について深く考えちゃうんですよね。

寂しいと感じるのは、あなただけではないということです。

<スポンサーリンク>



孤独を感じたらすべきこと

もしもあなたが孤独感を感じたらそれは積極的に行動すべきです。

実は行動さえすれば、親友がいないという寂しさはカバーできるのです。

自ら連絡をとる

まずはあなたに少なくても友人がいるのであれば自ら積極的に連絡をとってみてください。

「久しぶりだから連絡とりにくい」
とか
「自分から連絡をとってどう思われるか不安」
とか…

自ら連絡をとることに嫌悪感を抱く人がほとんどでしょう。

しかし、もしあなたが本当に親友がいないことが寂しい!と感じているのであれば、自分から動くしかありません。

きっと思っている以上に、あなたから連絡がきた友人はとても嬉しいと思うはずです。

まずは積極的に連絡をとるようにしてみることです。

SNSで友達を作る

そして今のあなたに、そんな勇気がなく気軽に連絡をとれるような友人もいないのであればSNSで友達を作ってみてください。

twitterやインスタ、今では簡単に友達作りもできる時代です。

もしも寂しいのなら、自分から友達を作る。
そして積極的に声をかける。

これがとっても大切です。

案外これをしていると、親友がいなくて寂しいという気持ちは消えてくるものです。

<スポンサーリンク>



親友がいなくてもいい

ここまでは寂しかったら友達を作ったり、自ら親友と呼んでもらえるように積極的に会ったりするようお伝えしてきましたが、実際に私自身はしていません。というのは、そもそも親友がいなくてもいいと思っているからです。

確かに、親友がいなくて寂しくなることがないかと言われるとそうではありません。

“親友の”というワードを聞くとうらやましくも思います。

でも、親友がいなくて楽なこともあります。

結婚式にスピーチをする必要もなければ、相手の悩みがあったら自分の時間を割いてまで話を聞く必要もありません。

会いたくないと思ったときに無理に会う必要もなければ、時間やお金を相手のために使う機会も減ります。

実際に人間関係が持てるようになると、それはそれで面倒なことばかり。

私自身とても自己中で相手に合わせるというのが苦手だからこそ、親友がいなくてよかったと思うことはたくさんあります。

自分に時間を使う

私自身、趣味もたくさんあって自分に時間を使えると思うとすごく嬉しいものです。

寂しいと感じるのであれば、趣味を作るといいでしょう。

趣味さえあれば煩わしい思いをせずとも、自分自身で寂しいという気持ちを埋めることができるので、ある意味とても充足しています。

あなたはきっと一時的な感情で親友がいなくて寂しいと感じたことでしょう。

しかし、私のように人間関係を築いていくのが不得意であると感じているのなら、趣味をみつけ自分自身で寂しさを埋めていくのも悪くないものです。

きっとあなたに親友がいないのは、あなたは繊細で他人と深く関わりあうことに恐怖感を抱いているはず。
それが悪いことでは全くないし、自信をなくすこともないのです。

あなたはあなたのいいところがあります。

自分自身を責めず、楽しく人生を送っていってくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!