恋愛

失恋した時こそ自愛すべき理由

失恋したときって悲しくて、苦しくて、もうどうにでもなっちゃえ!
なんてなげやりな気持ちになるくらい、本当につらいものなんですよね。

私自信、失恋マスターと言えるのではないかというくらい、
人生で何度も何度も失恋してきました。

私が愛情深い人間なので、失恋した時には自殺をはかりたいと思うくらい、
本当に辛くて辛くて仕方がなかったのです。

でも、なかなか慣れられない「失恋」
そんな時、責めてしまうのはやはり「自分」です。

あの時、どうしてああできなかったんだろうとか、こうすればよかったとか。
でも、そんな苦しい時こそ自分に寄り添っていただきたいのです。

では今回は失恋した時こそ自愛すべき理由についてお話していきたいと思います。

辛いからと自分を責めない

まず、ここで言っている「自愛」というのは、自分を愛することです。

失恋した時って本当に辛いんです。
相手のことを愛していたからこそ、悲しいし辛いと感じると思うんですが。

失恋した時に私がよくしてしまっていたのが後悔です。

もしかしたらあの時こうしていれば、別れなくて済んだかもしれないとか。
別れに至った原因が自分自信にあるのではないかと探ってしまうんですよね。

でも、そうすることであなた自信はどんどん辛くなるんです。

相手にも見放され、自分までもが自分のことを責めてしまったら、
自分に寄り添ってくれる「味方」はいなくなります。

いくら友人や家族が味方してくれていたとしても、
自分が味方をしなければあなた自身はずっと傷ついたままなんです。

<スポンサーリンク>



自分の一番の味方になろう

ですので、失恋して悲しい時こそ、自分を責めるのではなく褒めてあげましょう。

よく頑張ったね。
よく耐えたね。
それでよかったんだよ。

と。

失恋するということは、なんらかの相手とのすれ違いがあったと思います。
きっと我慢したり、頑張ったりしたと思います。
だからこそ、自分をたくさんたくさん褒めてあげるのです。

いくら過去を責めても、過去には戻れません。
だったら、責めて余計に悲しい思いをするのではなく、
自分の一番の味方になってあげるのです。

そうすると、失恋の自然と傷も癒えてきます。
たくさんたくさん褒めてあげましょう。

<スポンサーリンク>



自愛することで次に進める

自愛をすることで、失恋によって失われてしまった愛も芽生えてきます。
そう、それが次に進める第一歩なんです。

というのも、愛がないところには愛はやってきません。

でも、自愛することで生まれる愛。

それによって、本当にあなたのことを愛する愛はやってきます。

だから、失恋で傷ついて悲しい自分を演じ続けるのはなく、自分を愛して自分に自信を持っていただきたいのです。

たったひとりのあなたですからね、あなた自信で大切にして欲しいのです。

ぜひ、たくさんたくさん愛してまた素敵な愛を呼び寄せてください。

<スポンサーリンク>



自愛をしたら次のステップ

失恋して自愛をしたら、新たな恋に向けてひたすら自分を大事にしてみてください。

そうすることで、失恋の傷も癒されます。

失恋した後の女性って、男性にとって「可愛い」オーラが出るんです。
私自信、失恋した後は毎回のように男友達に

可愛くなったね

と褒められたものです。

恋の傷は恋で癒すというように失恋の辛さから一刻も早く立ち直るには、「新しい恋」をするのが一番なんです。

すぐには気持ち切り替えられないという方も、大丈夫です。

ぜひ新しい恋に向けて自愛に励んでみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

RELATED POST