人間関係

友達の断捨離方法は?不要な人間関係はストレスがたまる!

突然ですが、 私は長年の付き合いのあった友達を断捨離しました。

学生時代はとても仲の良かった友達でも、社会人になって友達付き合いというのを考える機会が多くなりました。
平日は仕事をしているためお休みの日はとても貴重です。

その貴重な休みを使って、更にお金を使ってでも人に会うというのは、一種の投資のような気もします。

会った後にいい時間を過ごしたなあ!

と思えるなら投資成功ですが、何故か学生時代は楽しいと感じていた関係でも状況や環境が変わるとそうでなくなるんですよね。

そんな風に友達関係ですごく悩み、ストレスを抱えることが多かったのですがストレスからの解放を求めて思い切って友達の断捨離をしたらストレスがなくなったので、今回この記事では友達の断捨離方法をご紹介していきたいと思います。

友達関係で悩んでいるあなた。
人間関係というのも物と同じように断捨離するとストレスから解放されていいものですよ。

友達の断捨離をした効果と断捨離を決意したきっかけとは?私は以前、友達の断捨離をしました。 必要としなくなった物を断捨離するように、必要としなくなった友達というのも断捨離をしていかないと...

友達の断捨離方法

では最初に友達の断捨離の方法をご紹介していきます。

1.厳選作業

まず、人間関係で悩むのは”どこまで付き合い続けたらいいか”のいわゆる厳選作業です。

私の場合は

・会った後に疲れを感じる
・自分に無理をしないといけない(価値観が違う)
・時間やお金を無駄にした(もしくはする)と感じる場合

の3つに当てはまる場合には断捨離をした方がいいという判断をくだしました。

厳選するポイントとしては、自分の素直に感じる感情以外は気にしないということです。

上辺だけの関係であったり、仲良い理由付けをしてしまったりというのは、 その人と一緒にいることを損得勘定で考えてしまっている可能性が高いんですよね。

例えば私の場合です。

私が友情関係を仕方なく続けてしまっていたことの一つとして、結婚式をあげるときに招待できるから(つまりは人数合わせで)、付き合いを続けなければいけないと思っい話の合わない友人と付き合い続けていました。

結果として、私は身内だけの結婚式を挙げましたので問題はありませんでした。

そもそも、自分の結婚を心から祈ってくれる友達だけでいいっていう話でもあります。
上辺だけの友達は結局相手にとっても上辺だけの可能性が高いですからね…。

まずは、こうした条件というのを全て取っ払って、自分の気持ちに素直になった上での厳選作業がすごく大事です。

2.友達付き合いのやめ方

はっきりと、あなたと一緒にいたくありません!と言えれば、それほど楽なことはないのですが、人間関係をうまく築いていきたいと思っていたらそうは言えないんですよね。

いくら断捨離するとは言え、なかなかこの一言は言えないものです。

自分が仲良くしたくないと思っても、相手は仲良くしたいと思ってくれているかもしれませんしね。
それに、そこでハッキリ言って傷つけたり喧嘩することが目的ではありません。

なので、そういう時はそっと距離を置き始めるのがポイントです。

遊びに誘われたら「忙しい」と言って断りをいれたり、LINEが面倒だと感じたらスタンプ一つで返したり…
いつもと少し違った反応を見せて距離を少しづつ置くのです。

そうすると相手も気付いてくると思うので、次第に遊びの誘いも減りますし連絡も少なくなってくると思います。

ちなみに私はあまりにもしつこく誘われるので

ななこ
ななこ
体調を崩していて、人に会える気分ではない

という理由を使ったところ、今までのような誘いが来なくなりました。

そしてその後、グループLINEを退会。
少し一方的ではありましたが、そのまま友情関係を終わりにしました。

今後も会う予定がないのであれば、こういう理由を使うのも手かもしれません。

<スポンサーリンク>



友達の断捨離は勇気がいる?

それでもやはり友達を断捨離してしまうのは気がひける…
なんて思ってしまう方もいるかもしれません。

私も、元々学生時代の友達って少なかったんです。

周りの友人は、中学生になったら周りの人は中学の友達だけでなく、小学校からの友達とも遊んでいたのでどんどんと仲良い友達が増えていくんですよね。

でも私はその場その場の友達が多くて、なかなか継続できないタイプで。

友達のプリクラを見せてもらうと色んな友達がいるのに、私は同じ友達ばっかり。
みたいな(笑)

そんな私が、友達を断捨離してしまったら友達と呼べる人はいないんじゃないか?
と私自身何度も思いを巡らせましたが、でも会って楽しくない友達に時間とお金を使って…
自分にとってプラスのことがないなと感じたんですよね。

それに”友達がいなきゃいけない”なんて決まりはありません。

友達に友達がいなさすぎると言われることを恐れていたのですが、友達自体が少なくなればそんな噂をする人も減ります。
少し悲しいですが(笑)

友達と会う時間よりも、一人でいる時間や彼といる時間の方が楽しいことに気付いたんです。

ストレスからの解放

自分にとって何を最優先したいか問われたときに、「自分」を大切にしたいということに気が付きました。

自分の時間を大切にすることであったり、お金を自分のために使うことであったり。

会いたくない友達に会う=時間とお金の消耗

というのが私の頭の中に常にあり、これが私の中では大きなストレスの原因でした。

また、連絡が来る度にため息をつき憂鬱な想いに縛られているのもとてもとても苦しかったのです。

だったら、「憂鬱の原因を排除してしまおう」と、結果断捨離というところに辿り着いたのです。

確かに勇気はいるかもしれませんが、自分に無理をして貴重な時間を憂鬱な気分で過ごすよりは、自分がいいと思える時間に変えられた方が、幸せだなと思いました。

そして私自身、断捨離をしてこれまで縛られていた価値観、

・友達はいなきゃいけない
・友達と会う時間を作らなきゃいけない
・長い付き合いの友達がいなきゃいけない

そう思うことが減ったのです。

それに、大切にしたい人というのもハッキリと見えてきました。

ストレスからも解放されて、自分にとってなにが大事かがわかる、本来の自分が見えてきた気がします。

人間関係の断捨離というのも悪くないものです。

もしあなたが人間関係で疲れてしまっているようなら、ぜひ断捨離をして有意義な人生を送ってくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!